魂の約束

【胎教博2016in品川】についてのブログです♪

2016胎教博in品川 大成功

おかげをもちまして、

2016年12月23日に執り行われました

胎教博in品川


大成功と相成りましたこと

心より感謝申し上げます。


100名様限定のワークも

定員いっぱいのぴったり100名様ご参加頂くことができ、

参加して良かったと喜びの声を頂く事もできました。


沢山の方にお力添えとご声援を頂けましたことを感謝しております。



胎教博へご参加くださった方へ、

今もなお

素敵な気づきのギフトが届いていますように♡



有難うございました。

「障害」と向き合っている方へ

 

「障害」とは何でしょうか。

 

「障害」って何をさすのでしょう?

 

「障がい」と表記するメディアもあります。

 

そのことについて

こんな記事を目にしました。

 

ーーーーーー

「害」という字を使うのは、障害のある方を傷つけるのではという考えからなのですが、NHKでは明確な理由で「害」を使い続けています。それは、「障害」はその人自身ではなく、社会の側にある。障害者=社会にある障害と向き合っている人たち、と捉えているからなんですね。

        ananNEWS 「堀潤の社会のじかん」より

ーーーーーー

 

社会の中にある障害って何でしょう。

 

あなたがあなたらしく生きることの

妨げになっていることはありますか?

 

車椅子を使っている方にとっては

ちょっとした段差が

自由に移動できる範囲を狭めてしまうかもしれません。

 

痰の吸引が必要だったり

口から食事をとれないお子さんは

医療従事者によるケアが必要となり

現在は学校に行けない状況を変えようと

アクションを起こしている方もいます。

 

ベビーカーと共に電車に乗っていて

心ない一言や態度で

心を痛めてしまうこともあります。

 

自分の心と身体が一致しなくて

色々な面で生きづらさを抱えている人もいます。

 

 

私はこれらのことも

元は繋がっているのではないかと思います。

 

 

「富山型デイサービス」

というものがあります。

 

障害がある人もない人も

知的障害がある人もない人も

こどももお年寄りも

同じ屋根の下で過ごします。

 

同じ場所に集うことで

それぞれが役割を見つけていきます。

 

認知症のある方でもこどもを見れば

本能的にこどもの面倒をみます。

 

こどもは身体の不自由なお年寄りを見れば

声をかけ手助けをします。

 

誰に頼まれるわけでもなく

自分で意図して決めるのです。

 

場の中で自然と助け合うコミュニティーが

できていきます。

 

 

あらためて

「障害」ってなんでしょう。

 

環境的なもの

物理的なもの

社会的なもの

あると思います。

 

それは

ひとりひとりが考えていくことから

ひとりひとりが行動していくことから

はじまると思います。

 

 

そして

あなたの心の中には

「障害」はありませんか?

 

 

あなた自身が

あなた自身のままで生きることに

壁をつくっていることはありませんか。

 

 

そんなことも

一緒に考えていけるような場

であるといいなと思っています。

 

 

 

12/23(金・祝) 

胎教博2016in品川

 

当日券もあります。

 

会場でお待ちしております^^

 

 

 

 

 

 

理学療法士 

新井依子

 

 

 

 

 

 

胎児さんがねらっている???♡

胎児さんがねらっている???

♡ ♡ ♡

 

胎教博に参加をすると、
妊娠する とか、
素敵なパートナーに出会える
という素敵なジンクスがあります。


お腹に宿ろうとしてくれている待機中の赤ちゃんが、
もしかしたらママが胎教博に参加して胎教のことに触れることを待っていてくれているのかもしれませんね。

そして、自分が宿りたいと思っている未来のパパとママになってくれる人をつなごうとしてくれるのかもしれませんね。


今年は主催として参加しますが、
昨年はボランティアとして胎教博に夫婦で参加しました。

参加した翌月に、
私にも本当に赤ちゃんが来てくれました♡

その子が今年の秋無事に産まれてくれ、一緒に参加させていただきます。

去年の胎教博の時に会場で私達のことを見てくれていたのかなと思うと、
じーんと込み上げてくるものがあります。

 

胎教博には
お申込みくださったご参加頂ける皆様に加え、
胎児さんをはじめ、お空にいる目には見えない沢山のいのちも一緒に参加してくださっているように感じます。

愛溢れる会場で、
ご自身のいのちに触れてみませんか。


胎教博ついに明日です!!
まだ間に合います。

ご参加いただけますことを心よりお待ちしております。

お申し込みはこちらから↓ ↓ ↓ ↓ ↓
https://www.taikyouhaku.net/?mobile=1

 

【胎教博】豪華な先生方とアーティストの方々

仲間と共に主催をさせて頂きます胎教博。


ついに今週金曜日となりました?


⭐️まだお申し込み間に合います⭐️

https://www.taikyouhaku.net/?mobile=1


気になって迷っている方。

是非ご参加くださいね。


超豪華な

出演者の先生方とアーティストの方々♡


胎内記憶第一人者

産婦人科医  池川明先生


カタカムナ伝承人

おのころあっこさん


しちだ・教育研究所

しちだチャイルドアカデミー  七田厚先生


右脳開発トレーナー

飛谷こども研究所  飛谷ユミ子先生


ヒプノセラピスト

HypnoWoman  宮崎ますみ先生


スピリチュアル作家・翻訳家

翻訳家 山川紘矢さん


尺八・箏演者

大島兄弟


ピアニスト

鬼塚正弘さん


ディジュリドゥ奏者

Toshi&七海さん


作・演出家 

田山翔一先生


あらゆるいのちとお話しなされる

胎話士 未来見基さん


凄すぎるメンバーが集結する

奇蹟のような1日。


♡妊婦さん

♡赤ちゃんがお腹に宿るのをお待ちの方

♡流産・死産・誕生死をご経験された方

♡障害を抱えるお子さんを迎えられた方

♡子育て中のパパさんママさん、

                      おじいちゃんおばあちゃん

♡いのちを扱う医療関係者の方 

                      ドクターや看護師さん助産師さん

♡福祉関係のお仕事をされている方

♡教育関係のお仕事をされている方

♡子どもに関わる全ての方

♡いのちと向き合うことに興味のおありの方


素敵な気づきを受け取って、

自分へクリスマスギフトを贈りませんか??


会場でお待ちしております。

https://www.taikyouhaku.net/?mobile=1

胎児の世界

胎教博のプロデューサーでもあります

胎話士 未来見基さん。

お腹の中の赤ちゃんとお話をされるだけではなく、ありとあらゆるいのちの声を聴くことができ、お空にいる赤ちゃんともお話をなされます。


私は誕生死経験者です。

息子が産まれ、そしてお空に還ってしまった5日目の日に未来見基さんが緊急セッションで病室まで出張して来てくださいました。


私はいのちをかけて私の元に来てくれた息子からのメッセージをどうしても受け取りたかったのです。


初めて病室で未来見基さんにお会いした時、すべてを包み込んでくださるかのようなあたたかい雰囲気。

お会いできた瞬間に空気が変わり涙が溢れ止まりませんでした。


そして未来見基さんは私と息子の架け橋となってくださり、

息子の声なき声を私に繋げ伝えてくださると共に、私の思いも届けてくださいました。


その時、

物凄い奇跡が起こるのです!!!


が、

それは胎教博の音楽朗読劇でのお楽しみという事でこの辺にしますね。



           f:id:tkh2016:20161217173739j:plain

あの時未来見基さんのセッションを受けることができ、

息子の声を聴けたこと、

胎児さんの世界や事情を知れたことは、

私が立ち直る為の大きなきっかけとなりました。



とても辛い経験でしたが、

胎児の世界で物事を観てそこから一歩前に進むことは、

多くの気づきと私自身の世界が広がったように感じています。


今も苦しんでいる方に自分と同じ経験をした人がいるということを知って頂くことで、 

何かお役に立てることはないか。

どなたかの希望になればという思いで私のお話しをさせて頂いています。




胎教博プログラム#1の音楽朗読劇は、

この実話を元に田山先生が作ってくださいました。

今回朗読していただける先生方、

音楽を演奏してくださるアーティストの方々が豪華すぎて、私はくらくらしそうです。


自分のことながら今からとても楽しみです♪


是非会場に足を運んで

素敵なギフトを受け取って頂けると幸いです。

お待ちしております。


原田


胎教博のお申し込みはこちらから  ↓ ↓ ↓ ↓

http://kokucheese.com/s/event/index/428174/