読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

魂の約束

【胎教博2016in品川】についてのブログです♪

【胎教博】Xmasライブディナー満席御礼

おかげをもちまして、

 

胎教博の後に行われます

Xmasライブディナーのご予約が満席となりました。

 

 

昼の部、

胎教博のお席はまだお席がございますので、

引き続き申し込みを受け付けております。

 

胎教博は先着100名様ですので、

こちらも満席となる前に

是非お申し込み頂けたら幸いです。

 

現在ご検討をいただいております皆様にも、

ご参加いただけますことを心よりお待ちしております。

 

 

胎教博お申し込みはこちらから ↓  ↓  ↓  ↓  ↓

 

kokucheese.com

 

胎教博♪

胎教博2016in品川 主催の原田です。

f:id:tkh2016:20161103181628j:plain

この胎教博は、

妊婦さんのみではなく、

子どもに関わる全ての方が対象のイベントです。

 

胎教博とは、

自分のいのちのこと、

自分自身の内面とじっくり向き合うことができるイベントです。

 

自分が生きてきた中での心の引っかかりや、

思いぐせがどこからきたものなのかを見つめ直し修正します。

 

そして、

大切なことに気づくことのできる素敵なイベントです。

 

 

大人の意識を変えることが、子どもの明るい未来につながります。

 

 

光の子どもたちが輝き続けられる為に、

胎児の世界を知ってみませんか?

 

是非この機会に胎教博にご参加ください。

お待ちしております♪

 

お申し込みはこちらから

kokucheese.com

 

子を授かる前からの胎教

多くの方に子を授かる前に【眞の胎教】を知って頂きたいという思いがあります。

 

 私は息子を妊娠したとき、いのちを授かれたことが嬉しい反面、

私が親になっても大丈夫なのか。親になれるのか。とどこかに不安を抱えていました。

望んだ妊娠でありながら、
これでは来てくれたいのちに対して失礼だと思う気持ちを感じていました。


せっかく親になれるのなら、いのちを迎えるにあたっての心と身体を整えて、

来てくれるいのちに失礼のない様、

胎児さんの望む眞の胎教を学んでいのちを迎えたい!!そう思いました。

 


息子がお空に帰ってしまった後、
次にまた必ず妊娠をすると決意し、
身体の体質改善、生活を改めること、

とことん自分の内面と向き合うことで自分自身の修正をしました。

 

そうして子を授かれた妊娠生活は、喜びは倍増。

いのちを迎え受け入れる心構えもできていて、

妊娠に対して自信がついていたのがわかりました。

           f:id:tkh2016:20161204005055j:plain

胎児さん達はお腹に宿る前から、お母さんを見ていて近くにいてくれているようです。

 

池川先生の胎内記憶にあるように、
お空の上からお腹に宿るのを待っている新しいいのちさん達がいてくれるのならば、
胎児さんが望む素敵なお母さん像に近づいて、

お空の上で人気者になったら私をお母さんに選んでくれる確率が上がるのかな!?
そんな風に感じながら私は妊娠を希望しておりました。

 

胎児さんはなんでも叶えてくれると、

こちらの希望や思いだけを胎児さん達に伝え 望むばかりではなく、
眞の胎教を学び、

胎児さんの気持ちになって考えられるという視点を備えておくことは、
胎児さんがお母さんに望むことで、

そして喜んでくれることなのではないかなとそんな風に感じています。

 


そのようにして迎えた新しいいのちが、

お陰様で今年の9月に無事誕生してくれました。

 

宿る前から身体と心を整えて、

お腹の中からたくさんお話をしてコミュニケーションを取っていたので、

産まれてからの絆がしっかりとできていることを感じます。

 

赤ちゃんには意思がしっかりあり、

一生懸命に想いを伝えようとしてくれるので、

こちらも受け取りたいという気持ちを持って接すると、

意思疎通がしやすいように感じます。

 

だからとても育児が楽しいです。

 

眞の胎教を知り、

胎児さんや子どもの気持ちに寄り添って妊娠期や子育ての時間を過ごす

そんな素敵な妊婦さんやお母さん 大人達がたくさん増えれば、

周りの大人や母と子の関係がさらにより良いものになるのではないかと思っています。  

 

そうして育った子ども達は自己肯定感が強く、

心が満たされのびのびと育つことができるので、

持って産まれてきた光の輝きを失うことなく、

自分の産まれてきた使命を全うできるようになるのではないかと思うのです。

 

大人の意識が変わり、子を大切に育み育つことは、

その子達が成長した時の明るい未来につながっていくのではないかと思うのです。

 

これが私が思う、子を授かる前に【眞の胎教】を伝えたい理由です。

 

胎教博で多くの方に届くことを願っています。

皆様のご参加を心よりお待ちしております。

 

原田

            

 胎教博のお申し込みはこちらから

kokucheese.com

生きづらさを感じているあなたへ

いのちってなに?

なんでいのちはあるのかな?

どうして生きているのかな?

生きるってなに?

どんな生き方がいいのかな?

 

今、生き方に疑問をお持ちの方。
日々の生活に疲れてしまっている方。
日々の生活から一瞬抜けて改めて自分を見つめ直したいと思っている方。

 

胎教博がオススメです。

 

こんな世界、生き方があったんだ。

と知っていただける貴重な機会になるかと思います。

 

 

 

私は会社員時代、
とにかく忙しく毎日を過ごしていました。
仕事をするのが楽しくて、
朝から晩まで仕事をしていました。


お客様の笑顔を見るのが大好きで、
頼りにされるのが嬉しくて、相手の望む姿の自分になれる様に

がむしゃらに頑張っていました。

 

仕事でレベルアップしていくこと、
業績をよくすることが素晴らしい、
無理をしてでも頑張る自分を
私よくやっている!!と思い込んでいました。

 

いつしか自分と向き合うことが疎かになり、
気付けばそんな自分に違和感を感じるようになりました。

 

このままでは本来の自分が無くなってしまう。

無理している自分でのこの生活が続いたら息苦しい。こんな生活はもう嫌だ!!と、

心が悲鳴をあげるようになりました。

 

そんな矢先、私は妊娠をしました。

 

一旦仕事から離れて、
少しは自分のことと向き合えるかな?

 

そんな風に思いながら妊娠生活を過ごすも、
臨月までつわりは続き、仕事をしながらの日々は心も体も苦しみながら葛藤の毎日でした。

 

帝王切開でいよいよ会えると思ったその日の朝、

事態は急変し、息子は産まれて間もなくお空に還ってしまいました。

 

 

どうして。。。

 

つわり以外の経過はずっと順調で、
ここまで頑張って大きくなってくれたのに

なんでこんな悲しいことが起こってしまうのか。
信じられませんでした。

 

悲しみを抱えながら
そこから私が自分を取り戻すために、
息子のいのちの意味を知りたくて、
いのちについて知り、学び、自分の心や生活のことを見直すこととなりました。


息子が産まれてくれたいのちの意味の一つに、
「ママもっと自分を大切にして!!
ありのままでいいんだよ!!」と
人生の道を外しかけていた私へ教えに来てくれたのだと感じています。

 

私は忘れてしまっていましたが、
「魂のお約束」があるのなら、私と息子は、こんな約束をしてきたのかもしれません。

「人生の道に迷ったときのタイミングを見計らって、いのちをかけていくからね。

そこから気付いて変容をしていってね。」 と。

 

その計り知れない大きな愛を持って息子が私のもとに来てくれたのだと思うと、

涙が溢れ、そんな私でいたことが恥ずかしく情けなくなります。

 

 

なので、
生きづらさを感じている方がいらっしゃったら伝えたいです。

 

苦しかったら一旦立ち止まったらいいんだよ。

 

ありのままでいいんだよ。

 

生きているということが十分に素晴らしいことなんだよ。と。

 


死産・流産・誕生死をご経験された方、
またはその周りのご家族やお友達の方はもちろん、
今ある自分を一旦立ち止まって考えたい方がいらっしゃいましたら、
もしかしたら、私とお空に還った息子の話の音楽朗読劇からも、

何か受け取っていただけることがあるかもしれません。

 


胎教博は妊婦さんだけでなく、
全ての方がご自身と向き合うことのできる素敵なイベントです。

 

是非、当日会場で感じてみてください。

心よりお待ちしております。


原田

 

胎教博のお申込みはこちら↓ ↓ ↓ ↓

kokucheese.com

 

胎教博ナビゲーター&プレゼンテーター 未来見基さん

 

本日ご紹介するのは、胎教博の生みの親でもある未来見基さんです。

 

2007年両国で初開催された胎教博。

 

10年で15回目の開催となる“いのちのお祭り”胎教博。

 

胎児と赤ちゃんの声なき声に耳を傾け、行動し続け、繋がるご縁を育み生まれたひとつの「いのち」である胎教博。

 

いのちから学ぶこと、学ぶ世界があるのだということを伝え続けていらっしゃいます。

 

この世に生まれようとしているいのち、生まれたいのち、生まれることができなかったいのち。

 

未来見基さんは、そんなたくさんのいのちと魂の約束をしているのかもしれません。

 

そして、そのいのちたちとの魂の約束の結晶が胎教博なのかもしれません。

 

間違いなく、12月23日に集まる人たちは、その日その場所に集まることを約束してきたのではないでしょうか?

 

魂の同窓会。そんな言葉も似合うかもしれません。。。

 

f:id:tkh2016:20161130015301j:plain

 

≪プロフィール≫

1995年から胎児との胎話を始め「胎話」という世界を広げ、すべてはひとつという意識のもと、ありとあらゆる生命・潜在意識・体・心と直感を活かした胎話コミュニケーションを行う日本初の胎話士として活躍。

これまで3万人と出逢い、ワークやセッションなど3千人以上の人々とHUGを行うHUGマザーとも親しまれて、社会のあらゆる分野で活躍する女性のライフコーチングやクライシスカウンセリング、育児の悩みを解放する育児コーチング、マインドブロック解放などサポート。

リーディングセラピスト、ボディセラピスト、コーチの育成も行うほか、歌や朗読などの表現活動やレゾナンスヒーラーとしても活動。

 

胎教博への想いも綴られているブログ↓

ameblo.jp

 

胎教博のお申込みはこちら↓

kokucheese.com